浅舞酒蔵「天の戸 純米大吟醸35」、IWCの純米大吟醸の部で1位

嬉しい知らせが飛び込んできました。

兵庫県で開催されていた世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」で、酒旅本舗でも取り扱わさせていただいている、浅舞酒蔵「天の戸 純米大吟醸35」が、なんと純米大吟醸の部で1位を獲得しました。

浅舞酒蔵は、「天の戸」の銘柄を中心に酒造りをしている秋田県横手市の酒蔵です。蔵から五キロ内の米で、純米酒だけを仕込んでいる酒蔵です。地元密着のこだわりの酒づくり、そしてその味の上品さにひとめ惚れした酒蔵です。

さらになんと、本品評会には初めての出品。純米大吟醸の部には306銘柄が出品され、その中での1位入賞です。

この「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」は、13,000銘柄を超えるワインが出品され、世界で最も影響力のあるコンペティションとして知られています。近年では、日本酒部門が設けられ、ライスワインである日本酒の、国際社会での評価に影響力をもつ品評会として注目されています

今年の出品酒の合計は346蔵1282銘柄。前年比蔵元数115.3%・出品銘柄数146.3%と増加しています。

日本酒部門では、最高賞として、9つのカテゴリーでもっとも優れてい ると評価された出品酒に「チャンピオン・サケ」が与えられます。各カテゴリーにおいてゴールドメダルを獲得した出品酒のうち、さらにそれ以上のレベルに達 していると認められたものに、「トロフィー」が与えられ、さらに「トロフィー」受賞出品酒の中から、最高賞として「チャンピオン・サケ」が与えられま す。今回選ばれた「天の戸 純米大吟醸35」は、純米大吟醸の部でのトロフィー受賞です。

「チャンピオン・サケ」は、7月7日(ロンドン時間)にロンドン市内で開催されるIWCアワードディナー(各賞の表彰及びパーティー)の席上で発表、表彰が行われます。

応援している酒蔵の出品酒がこのような賞を獲得するのは、心から嬉しいことです。
浅舞酒蔵関係者の皆様に心よりお祝い申し上げますと同時に、「半径5キロ、地元の米だけで醸す純米蔵」を大切にする浅舞酒蔵の酒づくりを応援していきたいと思います。

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

☎050-3715-9630
受付時間 11:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]
e-mail: mail@saketabi.com

Google 翻訳

カテゴリー

月別記事

ピックアップ記事

  1. Nihon Wine yokohamajyoshukai_eyecatch
  2. 画像
  3. img_5444-4

Facebookページ